ホーム > 活動紹介・報告 > その他活動 > MICEフューチャー・アクション「新たな日本のMICEショーケース」に登壇しました

MICEフューチャー・アクション「新たな日本のMICEショーケース」に登壇しました

MICEフューチャー・アクション「新たな日本のMICEショーケース」に登壇しました

2020.07.27

7月22日(水)、24日(金・祝)の両日、MICEフューチャー・アクション「新たな日本のMICEショーケース」が全国一斉に開催されました。
「新たな日本のMICEショーケース」は、日本コンベンション研究会の発起により、withコロナの時代における「安心安全なMICE」を国内外にアピールするために開催されたものです。

 

JCMAは今回の開催に協力・参画しました。
22日(水)の名古屋会場では、宇佐美業務執行理事がパネルディスカッション「MICE 開催における安全・安心の確保」にパネリストとして登壇、JCMAが独自で策定した「MICE開催のためのガイドライン」の概要やその反響などについて発言しました。
また、24日(金・祝)の東京会場では、武内副代表理事が来賓としてご挨拶し、コロナ禍を乗り越えるMICEの展望などについてお話ししました。

 

 

▲来賓挨拶を行う武内副代表理事

 

 

▲パネリストとして発言する宇佐美業務執行理事

 

 

今回の開催に向けて、全国のMICE関係者一同(PCO、施設、自治体、コンベンションビューロー)が、MICEがより安全に開催できる環境を目指して連携。

開催当日は、各地の各会場それぞれが積極的に新型コロナウイルス感染予防ガイドライン策定に取り組みそれに沿って運営する、という実証実験の場となりました。
会の終盤には、東京のメイン会場と各都市をつなぎ、それぞれの会場の様子などがオンライン・リレー形式で次々と映し出され、会が締めくくられました。

 

JCMAは、今回の開催にあたり、各地でJCMA策定の「MICE開催のためのガイドライン」が活用されていることを嬉しく思うとともに、今後、あらゆる開催事例や会員の皆様からの生の声をフィードバックとして蓄積し、このガイドラインをブラッシュアップしてまいります。

 

今後とも JCMAの活動へのご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

▲ガイドラインに従って提供される食事(東京会場)