ホーム > 活動紹介・報告 > 広報委員会 > 第1回『広報・PRについての勉強会初級編』のお知らせ【広報委員会】

第1回『広報・PRについての勉強会初級編』のお知らせ【広報委員会】

第1回『広報・PRについての勉強会初級編』のお知らせ【広報委員会】

2019.09.17

第1回『広報・PRについての勉強会初級編』のお知らせ

 

我々は仕事上、告知、集客などで情報発信をする機会は非常に多いと思います。

それらを行う時、TV、新聞・雑誌、交通広告、あるいはソーシャルなど各種メディアを 使った情報発信方法はすぐに思い浮かぶと思います。広告やパブといった手法でしょうか。

これらは自分たちからの情報発信方法ですが、いわれのない悪意のある情報が自分たちの会社に降りかかってきた時や、会社が問題を起こした時(危機管理状態)なども、それに対応できるしっかりとしたパブリックリレーションズ=広報スキルを 身に着けていれば、回避あるいは軽減することが可能です。

攻めることも守ることも、パブリックリレーションズ=広報スキルが重要です。

 

一般的に広報とひとくくりで言われているパブ(リシティ)とパブリックリレーションズ(PR)の区別、 あるいは広告とパブリックリレーションズの区別がつきますか。 日本の組織、企業は国際的にPRが下手と言われており、国際的に損をしているようです。

 

広報委員会では、今後数回にわたり、我々のビジネスに遠からず重要で必要なスキルである、
「パブリックリレーションズ=広報」の基本的な勉強会を行うことに致したいと思います。

 


■日時・会場

主 催:JCMA広報委員会
内 容:広報委員会第1回勉強会『広報・PRについての勉強会初級編』

 

    広報・PR発想で、新しいムーブメントを起こそう
     ~ステークホルダーとのコミュニケーション活動~

 

会 期:2019/11/7(木)
会 場:株式会社コングレ内会議室(東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル)
時 間:17:30~19:00(開場17:00、17:25オリエンテーション)
人 数:先着20名(JCMA会員限定)

締 切:2019年10月31日(木)※なお、定員に達した段階で締切ます。
参加費:1,500円(現地にて現金お支払いください)
懇親会:懇親会:上記終了後に会場近隣の飲食店で実施します(参加費3,000円を別途徴収します。領収書を発行いたします)
次回開催予定:2020年2月上旬(上記内容の中級編を予定しています)

■講師


宮松秀明氏( 公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(PR協会) 事務局次長 )

□職歴
アミューズメント業界にて機械 および景品 の開発、海外販売ルート開発などの会社を経て、

電通系のPR会社にて展示企業会社へのコンサルテーション、PRイベントプロデュースを行う。
その後、公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会に出向、2005年から現業。
同協会最大事業である 「 PR プランナー資格認定制度事業」をフィージビリティー・スタディから立ち上げ、

現在12年目とな っている。 最難関のPR プランナー資格取得者(合格率約25%)は2,500名を超えた。

また併せて、早稲田大学、東京経済大学など多くの大学や企業でPR講座の講師を続けている。
その他、日本パブリックリレーションズ協会の主催の様々な活動の支援をおこなっている。


 

「パブリックリレーションズ=広報」の基本的な知識を複数回にわたり身に付ける事ができる

勉強会の第1回目(初級編)となります。

この機会にぜひご参加ください。

 

申込は以下より必要事項入力の上送信してください。

第1回『広報・PRについての勉強会初級編』開催のご案内【広報委員会】

 

皆さまのご参加お待ちしております。

 

(広報委員会)