ホーム > 活動紹介・報告 > 人材育成委員会 > 人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2018年度 第1回勉強会~講演:秋の演~

人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2018年度 第1回勉強会~講演:秋の演~

人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2018年度 第1回勉強会~講演:秋の演~

2018.11.07

「第1回勉強会~講演:秋の演~」を10月3日に御茶ノ水トライエッジカンファレンスにて開催いたしました。

昨年は「芸術の秋」ということで、いかに印象に残るイベントを創造するかという切り口から、映像演出とライブ・パフォーマンスで独自の世界観を表現するパフォーマンス集団「enra(えんら)」の主催者、花房伸行氏をお迎えし「制限の中から生まれるクリエイティブ」をテーマにご講演いただき、大変好評のうちに終えることができました。

その後、人材育成委員会では、皆様からいただいたアンケートを基に今回のテーマや講師を検討しました。[次回のテーマリクエスト]という項目に対していただいたご意見の中で「様々なイベントの演出手法」「ITやエンターテイメントの話」「海外の事例」「クリエイティブに関するもの」といったご要望をいただきました。

 

そこで、今年は株式会社 Empire Entertainment Japan のCEO、セオドール・ミラー氏に「創造力を育てる」というテーマでご講演をいただきました。

生粋のニューヨーカーである氏が来日してから電通やGateway/Livedoorといった会社を経験し現在の会社を立ち上げるまでの話や、「クリエイティビティ―(創造力)」について大事にしている8つのキーワードといった話が飛び出しました。

既成概念を超えるアイディア、例えばイベント会場の選択についても「新しい場所」という切り口だけではなく、今までみんな知っていたところも再考すれば素晴らしい会場になりうる(駐車場をイベント会場にしてしまった)とか、自分の中の子供心を大事にする・好奇心旺盛であること、といった興味溢れる話をいただき、聴衆はどんどん話に引き込まれている様子でした。

また、同社の事務所写真の紹介もあり、フロアーごとに雰囲気を変えている・フリーアドレスで常に会話をしながら仕事をすすめる・クローズな会議室ではなく、立って話をするミーティングスペースなど、社員にとって「ゆとり」も「クリエイティビティ―」には大切であることもお伺いできました。

45分ほどの講演時間の後質疑応答タイムとなったのですが、参加者からは多くの質問が寄せられ、予定していた懇親会は15分ほど遅れてスタートすることになりました。

懇親会もミラー氏にもご参加いただき、氏を囲む輪が絶えることなく、有意義な時間となったと思います。

参加者のみなさまには多くのアンケートにご協力をいただきましたので、今後の参考にさせていただきます。

 

最後になりますが、今回の会場はJCMAの会員でもある㈱インフィールド様が管理されております。今回の開催にあたり色々とご協力をいただきました。改めて御礼を申し上げます。

人材育成員会は、これからも会員皆様にとって有意義な活動を企画し推進してまいります。

今回ご参加いただけなかった会員の皆様、次の機会には、是非ご参加をご検討ください。

 

受付の様子

司会の本多副委員長

小泉委員長よりご挨拶

講師のセオドール・ミラー氏

講演の様子

質疑の様子

懇親会 小泉委員長中締めのご挨拶

懇親会 参加者の様子(中締め挨拶中)