ホーム > 活動紹介・報告 > 人材育成委員会 > 人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2017年度 第1回勉強会~講演:秋の舞~

人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2017年度 第1回勉強会~講演:秋の舞~

人材育成委員会活動報告:人材育成講演会2017年度 第1回勉強会~講演:秋の舞~

2017.11.07

「第1回勉強会~講演:秋の舞~」を10月5日にTKPガーデンシティ御茶ノ水にて開催いたしました。

今回の勉強会は日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)のセミナーと開催日が重なり、双方に所属している企業も多いことからJCCBのセミナーと同日開催とさせていただきました。

「芸術」の秋ということで、我々JCMAは「MICE業界における芸術」を題材として、いかに印象に残るイベントを創造するかという切り口から、映像演出とライブ・パフォーマンスで独自の世界観を表現するパフォーマンス集団「enra(えんら)」の主催者、花房伸行氏をお迎えし、「制限の中から生まれるクリエイティブ」をテーマに講演いただきました。

印象に残るイベントをいかに創造するかということは、イベント制作において重要なポイントとなります。

enraは、白いスクリーンに映し出された映像に完全にシンクロさせパフォーマンスを行うのが特徴ですが、このアイデアはいったいどのように生まれたのでしょうか。花房氏は実はこのパフォーマンスはプロジェクターとスクリーンしかない会場でパフォーマンスを行わなければならないという、制限された状況の中から生まれたパフォーマンスだったと誕生秘話を語っていただきました。

「制限があることは新たしいことが生まれるチャンスである」そしてまた、「常識がクリエイティブの邪魔をする」とも花房氏は語ります。常識にとらわれ無理だと判断すればチャンスを逃してしまう。見方を変え、ちょっとした工夫でクリアできる問題は多いという花房氏の言葉に皆様が共感し、多くの気づきを得られたのではないでしょうか。

講演後は懇親会を行いました。花房氏と名刺交換待ちの参加者が最後まで後を絶たず、参加者の皆様がどれほど花房氏の講演に感銘を受けたのかが良くわかりました。

また、参加者同士の会社の垣根を越えた交流もお酒と料理を交えて活発に行われました。

素晴らしい講演と貴重な機会をいただきました花房氏に心より御礼申し上げたいと思います。

そして最後に、JCMAの会員でもある会場のTKP様には、今回の開催にあたり色々とご協力をいただきました。改めて御礼を申し上げます。

人材育成員会は、これからも会員皆様にとって有意義な活動を企画し推進してまいります。

今回ご参加いただけなかった会員の皆様、次の機会には、是非ご参加をご検討ください。

 

※enra:IOC公式視察団を招いた安倍総理主催の「東京オリンピック開催50年記念夕食会」でパフォーマンスを披露し、日本へのオリンピック誘致に貢献すると共に、海外では「第60回カンヌ国際映画祭授賞式」で、映画へのオマージュを捧げた作品『FILMS』で、オープニング・アクトを務めた、パフォーマンス集団