ホーム > 活動紹介・報告 > 総務委員会 > 【大学連携事業】横浜商科大学「実践MICE講座(寄付講座)」第12回目を実施しました

【大学連携事業】横浜商科大学「実践MICE講座(寄付講座)」第12回目を実施しました

【大学連携事業】横浜商科大学「実践MICE講座(寄付講座)」第12回目を実施しました

2018.07.10

6月29日(金)第12回目の講座は、観光庁MICE推進担当参事官 井上 学氏が「政府におけるMICEの取組

について」と題して講義をしました。

 

講義では、「なぜ今、『観光』『インバウンド』なのか」について人口減少・少子高齢化の推移・予測や

観光交流人口増大の経済効果、訪日外国人旅行者数の推移、訪日外国人旅行消費額の製品別輸出額との

比較などグラフや表をもとに詳細な説明がありました。

続いて「MICEの現状」について事例やMICEがもたらす効果、国際会議の開催件数の順位推移、日本の

シェア推移などについて分析がありました。

そして最後に現在進められている「政府におけるMICEの施策」についてMICE国際競争力の強化に向けた

中間とりまとめから「4つの施策」について説明がありました。

さらに今後のMICEにおけるキーワードとして、「MICEを活用して   ①未来をデザインすること 

②日本の内なる国際化を推進しよう」と結びの言葉がありました。

 

学生からは「国もMICEビジネスを支援し、海外から多くのインバウンドを増やしているということが

理解できた」「MICEアンバサダー制度に興味をもった。たしかに著名人にアンバサダーに就任してもら

えば、その人を通じて日本を知る、興味を持つきっかけになると思う」「日本では大都市以外でもMICEを

開催できる都市はあるので、何か対策を考えていけば、日本の経済はもっと発展していくだろうと思った」

などの感想が寄せられました。

 

次週7月6日(金)はグループワークを行います。

 

 

「政府におけるMICEの取組について」を講義する

  観光庁MICE推進担当参事官 井上 学氏