ホーム > 新着情報 > 観光庁へ、新型コロナウイルス感染症による影響の報告と支援策の要望を提出しました。

観光庁へ、新型コロナウイルス感染症による影響の報告と支援策の要望を提出しました。

観光庁へ、新型コロナウイルス感染症による影響の報告と支援策の要望を提出しました。

2020.03.17

一般社団法人日本コンベンション協会(JCMA)は、「新型コロナウイルス感染症により、

MICE業界が受けている影響とそれに対する支援策の要望」を取りまとめ、観光庁へ提出いたしました。

 

会員の皆様よりお寄せいただいたアンケート内容をもとに、大型イベントの開催自粛要請に端を発し、

ごく小規模の会合までも中止、延期となる現状と要望について、業界の生の声としてお届けいたしました。

 

刻々と状況が進展する中でありますが、今後も引き続き、協会としてMICE業界への支援を働きかけていく

所存です。

JCMA会員の皆様には、是非多様な意見をお寄せいただきますようお願い申しあげます。

 

 

2020年3月17日

一般社団法人日本コンベンション協会

 

 


J C M A 声 明


 

 MICEと総称される、国際会議、企業ミーティング、展示会、イベント等は、人が集まる場を

 作ることで、ビジネスやイノベーションへとつなげる機会を創出しています。

 

 企業活動や研究活動等が密接に関連し、人の集積や交流から派生する付加価値を期待できる点で、

 一般的な観光とは性格を異にします。

 しかしながら、今般の事態により、人の往来が緩慢となり交流が途絶するのみならず、

 MICEそのものが中止の憂き目にあっています。

 わが国に与える影響は計り知れません。

 

 MICE開催によりもたらされる

  ・ビジネス・イノベーションの機会の創造

  ・開催地域への経済効果

  ・国・都市の競争力向上

 に対し、甚大な影響を受けるものと憂慮します。

 

 我々JCMAは、一刻も早くこの事態が終息し、政府による安全・安心宣言が発信されることを

 願ってやみません。

 

 そして、この機に改めてMICEの意義について反芻し、晴れてMICEが無事に開催できるように

 なった暁には、その効果を最大限に発揮できるよう、ひいては、わが国が世界に冠たる存在感を

 持ち続けられるよう尽力いたします。

 


 

観光庁に提出した要望書の内容は以下をご覧ください。

 

▼【JCMA】新型コロナウィルス感染症によりMICE業界が受けている影響とそれに対する支援策の要望(PDF)