ホーム > 新着情報 > 【開催延期】次世代員会主催「コミュニケーション研修会 ~効き脳診断から学ぶ」

【開催延期】次世代員会主催「コミュニケーション研修会 ~効き脳診断から学ぶ」

【開催延期】次世代員会主催「コミュニケーション研修会 ~効き脳診断から学ぶ」

2020.01.27

_______________________________________________________________

 

次世代委員会主催「コミュニケーション研修」開催延期のお知らせ

 

この度、2月28日(金)に開催を予定しておりました「次世代委員会主催『コミュニケーション研修』」でございますが、

新型コロナウィルス感染症の対策といたしまして開催を延期することとなりました。

心待ちにされていた皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんが

ご理解賜りたく存じます。

尚、代替の日程につきましては日程が決まり次第改めてご案内させていただきます。

 

______________________________________________________

 

 

 

次世代員会主催 人材育成委員会協力 

コミュニケーション研修の開催日が決定いたしました。

 

順次、詳細、申し込みサイトを更新してまいりますので、

奮ってご参加ください。

 

今回の研修は

 

「コミュニケーション研修会 ~効き脳診断から学ぶ」

 

どんな職種、企業でも、対内外、育成、業務など、様々なシーンで

コミュニケーション力が求められております。

 

今回の 目玉 は 効き脳診断 !!!!

 

人間が無意識に自然体で活用する「利き腕」や「効き目」があるように、嗜好にも自然に使っている「利き脳」があります。その利き脳は「ハーマンモデル」と呼ばれるビジネス環境のために開発された手法で知ることができます。

 

 

今回の研修には、コミュニケーションコンサルタントとしてご活躍の西澤史子様を講師にお招きし、ハーマンモデル・利き脳診断、自分のコミュニケーション傾向への理解を深めます。研修の後半ではグループワークを通じ、伝わる話の組み立て方、信頼を与える話し方を実践していきます。コミュニケーションを学んでみたい!という皆様の参加をお待ちしております。

 

 

 

ハーマンモデル理論とは

米ゼネラル・エレクトリック社(GE社)で社員教育責任者であったネッド・ハーマン(Ned Herrmann)が、脳に関する2つの理論からハーマンモデルを構築しました。
一つは、ロジャー・スペリー(カリフォルニア工科大学教授・ノーベル賞受賞)によって証明された、右脳・左脳は互いに独立しており、異なった働きをしているという「右脳・左脳モデル」、もう一つは、ポール・マクリーン(アメリカ国立精神衛生研究所・脳進化と行動部門主任)によって明らかにされた、脳は進化の段階において3つの層からなり、それぞれの働きが異なるという「三位一体型脳モデル」です。
ネッド・ハーマンはこの2つの理論を組み合わせ、1977年に「ホールブレインモデル」(全脳モデル)を構築しました

 

ハーマンモデルは現在までに、世界各国で200万人以上の利用実績があります。

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  開催日:2020年2月28日(金)

  時 間:研修 16:00-18:30 / 懇親会 19:00−21:00

  場 所:海運クラブ 301  /  海運クラブ B1

  費 用:5,000円 (診断料、懇親会費含む)

  人 数:40名 (先着順)

  講 師:西澤史子

  内 容:コミュニケーション研修会

          ~効き脳診断から学ぶ

      ハーマンモデルを活用し、

      自身のコミュニケーション傾向を知る。

 

  申込先:参加申し込みページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////