ホーム > 活動紹介・報告 > 次世代委員会 > 2018年度 第1回次世代委員会&人材育成員会 勉強会活動報告

2018年度 第1回次世代委員会&人材育成員会 勉強会活動報告

2018年度 第1回次世代委員会&人材育成員会 勉強会活動報告

2019.01.18

 

2019年1月15日(火)

次世代員会、人材育成員会合同の勉強会を開催いたしました!

 

大変多くの方々にご参加いただくことができましてありがとうございました。

当日にお越しいただきました皆様運営のご協力をいただきました皆様、

この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

さて、ここでは当日の様子をご報告いたます。

下記ご覧ください

 

 

ーーーー 概要 ----

 

日  程:2019年1月15日

参加者数:55名

 

【勉強会】 14:00-17:00

  場 所 海運クラブ

  講 師 関口陽介(日本コンベンションサービス(株))

  内 容 ① マーケティングのフレームワーク

      ② フレームワークを事例(実績)にあてはめて理解する

 

【懇親会】17:30-19:30

  場 所 NAGATACHO GRID

  ケータリング C’sケータリングサービス(株)

  協 力 ギネスワールドレコーズジャパン(株)

 

 

ーーーー 当日の様子 ーーーー

 

当日は55名の参加者にお越しいただき、

関口氏の講義がスタートします。 

 

講師:関口陽介氏(JCS)

 

講義中 1コマ目は 「マーケティング理論のフレームワークを理解する」

 

通常5時間以上かけじっくりやる内容を90分に凝縮していただきました。

皆様真剣に聴講している様子が印象的です。

 

講義中の様子1

 

2コマ目は「フレームワークを事例(実績)にあてはめて理解する」

 

凝縮されたフレームワークを 私たちがよく知る施設立ち上げのために

どのようにあてはめ、活用されていったのかをお話いただきました。

 

通常セミナーでは、フレームワークの仕組みや理論を教えてくれることは

よくありますが、ここまで実例に基づき、わかりやすく理解させてくれる

セミナーには出会ったことがありませんでした。

 

 

講義中の様子2

講義中の様子3

安達(次世代員会委員/KSAインターナショナル)名司会の下

大変有意義で楽しみのある講義を終えることができました。

 

 

次は、会場を Nagatacho GRID SPACE0 に移し 総勢50名弱の懇親会です。

食事、飲み物は C’sケータリングサービス 様 にお願いをいたしました。

 

場所、食事は 雰囲気を次世代らしく、

オシャレでCOOLな空間をイメージし、

交流しやすい雰囲気づくりをコンセプトにいたしました。


美味しい飲み物とお料理の中

今回は催し物として ギネスワールドレコーズジャパン様に多大なご協力をいただきました!

5チームに分かれて「ギネス記録に挑戦」です

 

ワールドレコードについてご説明いただき、挑戦種目、やり方の説明を受けます。

 

1チーム7,8人毎に分かれ、長さ1mの紐をチームで協力しながら結び、

できるだけ早く長さ5m以上の一本の紐にする。

ただし、厳正なルールにのっとり、 10kgの重量負荷に10秒耐えなければなりません。

 

 

チーム毎に結び方、配置、役割分担などを話し合い、制限時間内に練習と作戦をたてます。

 

各チーム1回ずつタイムアタックをし、ルールにのっとり、かつ、時間の一番早かったチームが

ワールドレコード記録に挑戦できます。

 

 

残念ながら記録更新とはなりませんでしたが、

ギネスワールドレコードジャパン様 公式認定人も驚く速さの

見事なチームワークでございました。

 

とても盛り上がったチャレンジの後の交流はとてもよい雰囲気となりました。

 

あまりの盛り上がりに集合写真を撮ることも忘れてしまいましたが、

参加していただいた皆様本当にありがとうございました!!!!

 

また次回は4月を予定しておりますので、またのご参加をお待ちいたしております!!!!

 

 

無事に終え、委員メンバーで


 

次世代委員会では共に活動をしてくれるメンバーを募集しております!!

もちろん自社の現場業務を最優先とし、

時間のあった委員同士で今後の委員会活動、意見交換を定期的におこなっております。

 

 

本当に楽しいメンバーが集まっておりますので

少しでも興味がありましたらお気軽にお問い合わせください!

 

お問い合わせ先は

nanzaki.y@hoso.co.jp

JCMA 次世代員会委員長 南崎康貴

 

どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

次世代委員会メンバー一同