ホーム > 活動紹介・報告 > 次世代委員会 > 【次世代委員会】技術取得講習会(普通救命講習)を開催しました

【次世代委員会】技術取得講習会(普通救命講習)を開催しました

【次世代委員会】技術取得講習会(普通救命講習)を開催しました

2018.08.09

2018年8月8日に麹町消防署にて、次世代委員会主催の技能取得講習会(普通救命講習)を開催しました。

これからラグビーワールドカップ2019、オリンピック・パラリンピック2020などの

大規模な国際スポーツイベントが予定されており、

日頃からイベントやコンベンションに携わることの多い方々はもちろん、

救命技能を学びたいという方々を対象に心肺蘇生やAEDの使い方を学びました。

 

台風が近づいていた日にもかかわらず25名が参加し、

講義と実技の計3時間、みな真剣に取り組みました。

 

技能取得講習会(普通救命講習)の内容をご紹介します。

 

 日  時:2018年8月8日(水)

       13:00-16:00 講習会    

       16:00-17:30 情報交換会

 場  所:東京消防庁 麹町消防署 地下1階 体育訓練室

 参加人数:講習会25名(男性8名、女性17名)、情報交換会20名

 協  力:東京消防庁 麹町消防署、東京防災救急協会

 

 

南崎委員長の挨拶で講習会スタート

 

まずは、テキストを使って応急手当の重要性、救命処置を学んでいきます。

 

 

pastedGraphic.png

pastedGraphic_1.png

pastedGraphic_2.png

みんなで心臓マッサージをする胸骨の位置を確認します。

傷病者の反応の確認、胸骨圧迫へと続きます。

 

pastedGraphic_3.png

それでは、みなさんで実際にやってみましょう。

傷病者へ声をかけて反応の確認をします。

 

pastedGraphic_4.png

周りの方に119番通報とAEDの搬送をお願いをします。

 

pastedGraphic_5.png

胸骨圧迫、30回を5セット。結構疲れます。

 

 

pastedGraphic_6.png

みなさん真剣に取り組んでいます。

5㎝沈むまでしっかり圧迫するには、かなりの力を入れる必要があります